精神科医が意識低く赤ちゃんを育てるブログ

非医師の超転勤族の夫(育休2か月→復帰)と0歳児とモタモタ暮らしています。

0歳児、結核パニック②ツベルクリン陽性からの病院送り

 

 

BCG後すぐに接種痕が腫れ、

結核感染を疑われ

ツベルクリン反応をすることになった0歳児。

0歳児、結核パニック①BCGからのコッホ現象 - 精神科医が意識低く赤ちゃんを育てるブログ

 

つづきです。

 

※医者としてではなくいちおばさんとしての個人的な記録です。

 

 

ツベルクリン反応とは(おじいちゃん先生談)

 

ツベルクリン反応は、

結核菌から分離されたタンパク質を注射して

それに対する身体の反応をみる検査です。

 

もともと体の中に結核菌に対する抗体があれば

この注射された物質と体の中の抗体が反応して

大きく腫れたり、しこりができたりします(ツ反陽性)。

 

だから、ツ反陽性→結核菌に対する抗体があると推察できます。

 

ただし抗体は予防注射によってもゲットできますので

 BCG後時間が経ってからツベルクリン反応をしてしまうと

陽性になったとき

それが感染による抗体なのか

BCG予防接種によってゲットした抗体なのか

わからなくなってしまうので

 

ツベルクリン反応は

BCG後2週間以内に行うことが望ましいらしいです。

 

また、この検査も、

結核によく似た菌(非定型抗酸菌)との区別はつかないので、

結局この検査をしても絶対結核とはいえないそうです。

 

X+7日 BCG7日後 ツ反当日 

 

朝イチでおじいちゃん先生のもとへ。

 

ツベルクリン反応は、

肘下の内側の柔らかいところに注射します。

 

皮内注射といって

皮膚のかなり浅いところに注射をするので

お豆のように膨らむのが特徴です。

 

先生は

「細かい作業だからね」

と眼鏡をはずし

「お豆つくるよー!」

と元気に注射。

 

しかしお豆できず笑

 

皮内ではなくもっと深い皮下に

はいっちゃったみたい。

大丈夫なのか。

 

しかし先生は頓着せず、

針を抜いた後の血をいつものように

素手の指でとめてくれましたw

 

今日はこれだけ。

48時間後にその注射のまわりがどのくらい腫れてるかをみて、

判定となります。

 

7日後のBCG跡はこんなかんじでした

f:id:fukafukausata:20190225150059j:image

 

X+8日 BCG8日後 ツ反1日後

ツ反24時間経ちましたが、3㎜くらいしか腫れてません。

こりゃ大丈夫だろうと勝手に安心。

f:id:fukafukausata:20190225145930j:image

 

しかし夕方になってくると、おや?1cm?

f:id:fukafukausata:20190225145949j:image

 

X+9日 BCG9日後 ツ反判定結果は…?

48時間後、判定のため受診!

 

「うーん、微妙だねぇ」と言いながら

普通の文房具の定規でツ反の痕を測定する先生。

 

ちなみに赤く腫れている部分が10㎜以上で陽性です

 

結果

11㎜!

微妙!でも陽性!

 

大きさだけでなく

硬結(しこり)の有無などもみるみたいですが

 

うちの0歳は

「11㎜、硬結ありで陽性」

 

となりました…

 

まさかのツ反陽性!どうなる0歳児

ここで先生はどうしたか。

 

おもむろに電子カルテ

Yahoo!を開き

「コッホ現象 対応」で検索!

 

しばしの沈黙のあとに

 

とりあえず肺のレントゲンをとることに。

 

「上半身だけ裸になってください」

と言われましたが

ミニサイズ0歳児はまだ

新生児用プレオール

をお召しになっていましたので

全部脱いだ結果、

 

オムツ+靴下という変態スタイル

レントゲン室へ連行されていきました。

 

謎の断末魔が聞こえた後

数秒で帰還。

 

結果…微妙

結核に特徴的な変化はないけれど

肺の右下のあたりがちょっとはっきりしないと。

 

今後どうするかについては

行政に相談してから電話しますので

ちょっと待っててくださいと言われ、いったん帰宅。

 

今日中に大きな病院に行くことになるのかなぁ

大きな病院は受付が11時までだから、すぐに行けるように…

片思い中の女子中学生のように携帯を握りしめて待っていましたが

待てども待てども電話はならず。

 

16時頃、意を決して電話をかけたところ

<本日の診療は終了いたしました>

 

なんと今日は午後休診だった!

 

病院混んでたし忘れて帰っちゃった!?

 

X+10日 BCG10日後 ツ反3日後

翌日になってようやくおじいちゃん先生から直電。

 

市内にあるおっきな病院に小児の感染症の専門の先生がいて

その先生に電話で相談してくれたとのこと。

 

紹介状を持ってその先生を受診するように言われました。

 

その先生の外来日を待って3日後に受診することになりました!

 

さてどうなるのか…

 

ここまでのまとめ

BCG接種の痕がすぐ腫れた場合

既に結核菌に感染している可能性があります(コッホ現象)

 

なので、

ツベルクリン反応

という追加の検査を行いました。

 

ツベルクリン反応も陽性だった場合

 

本当に結核なのか、

感染だけなのか発症しているのかetcを調べるため

大きい病院で詳しい検査をする必要があるようです。

 

つづく

 

※医者としてではなくいちおばさんとしての個人的な記録です。